カートをみる マイページへログイン&新規ご登録 ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

紫外線について




紫外線を知り、

正しくケアをすることが
「健やかな美肌」への近道です。
ライン


紫外線を浴びると、シミやしわなどの肌老化、

ひどい場合は皮膚がんにつながる恐れもあります。

しかし、紫外線のことを知らないと紫外線対策はできませんよね。

そこで紫外線について、

日焼け止めについての正しい知識を身につけて、

「健やかな美肌」 をキープしましょう。



             







■ 紫外線について

春先から急激に上昇し始める紫外線量・・・
今はUVケアも通年しています。と言う方も多くなりましたが、紫外線についてなど、改めてお勉強しておきましょう!


紫外線には、UV-A波とUV-B波があります。

UV-A波・・・ 地表に届く全紫外線のうち紫外線の90%はこのA波です。 浸透力が高く、肌の土台である真皮を直接破壊するのが特徴。窓ガラスや曇り空でも突き抜けて入ってきます。
肌の真皮にまで届き、コラーゲンやエラスチンを壊し、シワやたるみの原因となります。これが 『 光老化 』 と呼ばれるものです。肌老化の原因70%〜80%がこのA波が原因といわれています。

UV-B波・・・ 主に肌の表面で吸収されるため真皮層にはほとんど達するこ とはありませんが、UV-Aよりも強いエネルギーを持ち、 皮膚がんや白内障を起こす可能性がある有害な紫外線です。窓ガラスを通しては入ってきませんが、シミやそばかす、肌を黒くしたり、炎症をおこし、ひどければ火傷のような状態に。





■ 日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶとき、よく目にするのが 「SPF」 や 「PA」 といった表示ではないでしょうか。

日焼け止めは数値が高いほど、肌への負担も高くなりますので、目的に合わせて賢く選び、上手に紫外線ケアをしていただければと思います。

SPF・・・ UV-B波をカットする目安です。
肌に何も塗らない場合、赤く日焼けし始めるのは約20分と されており、それを SPF1 としています。
例えば、SPF20の日焼け止めの場合
20分 × SPF20 = 400分 = 7時間弱 UV-B波から肌を守ります。

PA・・・ 光老化を引き起こす、UV-A波をカットする目安です。
三段階にわけて表示しています。
+ ⇒ 効果がある
++ ⇒ 効果がかなりある
+++ ⇒ 効果が非常にある
※2013年よりPA値の表示が4段階(++++)まで表記できるようになりました。
PAの「+」の数値が多ければ良いというわけではありませんので、シーンに合わせた日焼け止めを選ぶようにしましょう。
紫外線の強い季節でも、日常では「++」あれば十分でしょう。



                   


「紫外線吸収剤は使用していません」 といったコピーを見たことがある方も多いと思いますが、そもそも紫外線吸収剤って何でしょうか?

紫外線吸収剤・・・ 簡単に言うと、肌の表面で紫外線を吸収し、それを熱として変換し、処理しています。
熱として処理する際に、成分が分解され、肌に有害なものになる可能性があるため、肌への負担が大きいと考えられます。

代表的な紫外線吸収剤 ⇒ メトキシケイ皮酸オクチル、パラアミノ安息香酸誘導体

紫外線散乱剤・・・ 紫外線を反射して肌を守ります。
紫外線吸収剤に比べて、「安全性が高い」、「機能が衰えない」などの良い点があります。
br>代表的な紫外線散乱剤 ⇒ 酸化チタン、酸化亜鉛




■ さらに肌にやさしい日焼け止めを選ぶ

基本的な日焼け止め選びができたら、一歩進んでさらに肌にやさしい日焼け止めを選べるようお勉強しましょう !!

 ポイントは ・・・

  ★ SPF値とPA値
  ★ 紫外線吸収剤 or 紫外線散乱剤
  ★ 専用のクレンジングが必要か?


専用のクレンジング、意外と見落とされやすいポイントなのですが、これは重要です。専用のクレンジングが必要ということは、【シリコンを落とせるか否か】ということです。日焼け止めの多くにはシリコンが使用されています。

では、どのようにしてそれを見分ければいいのか?

それには、化粧品の全成分表示を見て下さい。代表的な成分で【PEG-○○】と表示されていたり、クロスポリマー、コポリマー、ジメチコン等と表示されています。

PEG-○○は、シリコンそのものではありませんが、シリコンを含む化粧品に使用される合成界面活性剤です。

化粧品の全成分表示は、配合成分の多い順から記載されていますので、表示の上位3位の内に、2つ以上シリコン系成分がある場合は、通常のクレンジングではシリコンが肌に残ったりします。

専用のクレンジングが必要 = シリコンを落とせる強めのクレンジングが必要

・・・ということは、肌に必要な、まだ剥がれ落ちるべきではない角質までも剥がされてしまう可能性が高いということに繋がります。


さらに、まだ剥がれ落ちるべきでない角質が剥がされてしまうと、肌からは潤いが奪われて、乾燥肌へと突き進んで行ってしまいます。


紫外線について




最後に、日焼け止めは汗をかいたり、拭いたりすると、紫外線を防止する成分がムラになり、日焼け止めとしての効果が減ってしまいます。


日焼け止めは、ムラなくたっぷり塗って、こまめに塗り直すのが効果的です。


賢く日焼け止めを選んで、上手に使いこなし、紫外線と楽しくお付き合いいただけたらと思います。(*^_^*)



                  


ライン



■ オススメ!日焼け止め




エシーレ UVベースミルク(日焼け止め乳液)

エシーレ UVベースミルク  SPF24 / PA+++  30ml 

紫外線吸収剤不使用、パラベン不使用、アルコール不使用、無香料、無着色でサラッとした使い心地のノンケミカル日焼け止め。

伸びが良く、白浮きしない透明感のある仕上がりで、紫外線だけでなく、乾燥や大気汚染などからも肌を守ります。化粧下地としてお使いいただくと、メイクの乗り、もちがアップします♪ ノンケミカル処方なので、お肌の弱い方にもお勧めです。




BIOLAB バイオラブ クレムアンティソレイユ

クレムアンティソレイユ  SPF36 / PA++  30ml 

紫外線防御効果はもちろん、エイジングケア、美白・抗シワ、化粧下地としても、シミや毛穴などを目立ちにくくするソフトフォーカス効果、そして、保湿力が高いので、日焼け止めは乾燥して・・・と、お悩みの方にも、本当におすすめっ!☆!☆

※植物アレルギーのある方はご使用頂けない場合がございます。そうでないお客様には最もおススメの商品です。





ページトップへ