カートをみる マイページへログイン&新規ご登録 ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

とっておきの、スペシャルケア方法★


 ■──────────────────────────────────────────────
 □■  とっておきの、スペシャルケア方法★
 ───────────────────────────────────────────────

 今回は、私がずっと 【おうちエステ】 と呼んでいる、
 お気に入りのスペシャルケアをご紹介します。

 まず、お肌が温まっているお風呂にて。。。
 洗顔後、湯船につかりながら
 「オイル美容液」 をたっぷりお肌につけてマッサージをします。

      

 ツボ押しをしたり、頬のところをぐっと押してあげたりして、
 お顔の緊張をとっていきます。
 この時香る、アロマの香りにもとっても癒されます★
 気持ち良い香りのオイルでマッサージしていくと、
 お顔の緊張がとれると同時に、
 配合された植物エキスやビタミンで、お肌もふっくらしてきます。

 そして、そのまましばらく放置しているだけでも、
 さらにお肌が柔らかくなっていきます。(*^^*)

   ↓ ↓ ↓

 お風呂のお湯でしっかり汗をかいたあとは、
 ピーリングを行います。

 実はピーリングは、工程としては最初に行うほうが王道なのですが、、、
 この季節の場合、
 まず、お肌表面を柔らかくしてあげてから、ピーリングを行うと

 よりソフトに、
 よりなめらかに、

 お肌が仕上がります♪

 今の季節のお勧めは、
 「ナチュロイヤル ピーリングパウダー」。

 

 泡立てて使っていくのですが、乾燥感はまったくなく、
 とっても上質な仕上がりになります。

 そして、
 つるんとしたお肌でお風呂から出たあとには、

   ↓ ↓ ↓

 化粧水や美容液、アイクリームでお肌を整えてから、
 「LL クリームマスク」をたっぷりお肌に塗りましょう!
 

冬の乾燥による毛穴の開きも、キュッと引き締めてくれますよ。(*^^*)

 この時、さらにお勧めなのがホットタオルケアをプラスすることです。
 やや「重み」のあるタオルで、
 好きなアロマオイルを入れて作り、
 ラップでホットタオルを巻きます。

 そして、目の所においてあげるのです。

 お目元だけのホットケアを
 お顔のパックと同時に行うことで
 目の周りの血行促進ができて、お顔の緊張がほぐれ、
 目の周りのくすみがクリアになります。
 ドライアイの方は、
 涙の分泌も促進され、
 目元がぱっちり、明るくなります。

 ホットタオルにラップを巻くと
 しばらくあたたかさが続きますので、
 冷めるまでの時間、目をつむり、お休みしましょう。

   ↓ ↓ ↓

 タオルが冷めたら、そのまま、お顔のパックの様子をみて、
 パックが浸透したら、スペシャルケアの完了です!


 このおうちエステでは、エステサロンで行う

  ・筋肉へのアプローチ
  ・角質ケア
  ・栄養補給

 のすべてができるのです。(*^^*)
 そして、目の周りという疲れが出やすいところの集中ケアもできます。

 

 工程は長いかもしれませんが、
 外に出ないときは、ゆっくりとおうちケア☆ と決めてしまって、
 スペシャルケアを愉しんでみてはいかがでしょうか?★

 お気に入りの音楽を聴いて、
 お気に入りのドリンクを飲みながら。。。
 スペシャルなお時間を♪

”美腸”になって輝く!vol.3




What should we do ?

美腸を叶える新習慣をマスター!

ライン


エイジレスな美しさをつくる、隠れた立役者である腸。
今すぐできる ”美腸習慣” を藤田先生が伝授。
早速今日から意識して、ハツラツ美人に変身しよう。


       ラクティス 乳酸菌生成エキス 美腸になって輝く vol.3


■ 出なくていいことひとつもなし! 正直者の腸の声を聞こう。

「腸の状態を健康に保つ = 美腸を叶える」 には、腸内細菌のなかの善玉菌を優位にすることが大切なのは前述のとおり。では、具体的に実践するときのポイントとは?

「大きく分けると、『食事』、『生活習慣』、『運動』 の3つに分けられます。
まずは、食事。バランス良く、腹八分目というのは基本ですが、それ以外にゆっくりとした呼吸をしながら、しっかり噛むことが大切です。というのも、ゆっくり呼吸しないと腸のエンジンが動かなかったり、噛まないと食品中の活性酸素が減らず、そのまま腸に負担をかけてしまうんです。この食事法を守ったうえで、腸の好物になるなるものを食べましょう。具体的には、発酵食品などの 『腸内細菌を増やす』 もの、『腸内細菌のエサとなる』 豆、野菜などの植物性の食物繊維、『腸の動き(ぜん動)を助ける』 マグネシウム&カルシウムです。
そして、腸はストレスが大嫌いなので、食事は好きな人とすることが大切。食事以外でも極力ストレスを溜めず、リラックスする生活習慣を心掛けて、副交感神経を優位にしましょう。
最後に運動です。激しい運動は活性酸素を多く発生するので逆効果ですが、ウォーキングや簡単な筋トレなどはおすすめです。ただし、『毎日運動しなければ』 とプレッシャーに感じないでください。楽しいと思える範囲で行うことがポイントです。

以上のことを実践すれば、すぐに結果が出てきます。例えば、肌がつやつやしたり、気持ちが前向きになったり……。
ぜひ今日から始めて、美腸街道を突き進んでください!」






ラクティス 乳酸菌生成エキス キレイと健康は腸内環境からimg12
How to Eat
食べ方次第で腸は、ブスにも美人にもなる!

同じものを食べていても、早食いの人と時間をかけてしっかり噛んで食べる人とでは、腸への負担に格段の差が。消化しやすいように30回以上噛むのが鉄則。また、食事中に体の免疫力が作られるので、嫌な人との食事や、ご飯中に議論するなど、心的ストレスが増えることもNG。好きな人と楽しく食事をして、心も腸もハッピーに。

 × 時間に追われて食べる
 × 嫌いな人との食事



Warm the Body   とにかく体を温める

腸を活発に動かしているのは、「ミトコンドリアエンジン」と呼ばれるもの。このエンジンは、37度以上で活発に動きます。そのため、冷たい飲み物や、冷房による冷えは、腸の元気を奪う原因に。シャワー生活をやめ、ゆったりと湯船に浸かる習慣を。特に冷えが気になる人は、お腹にカイロをあて、直接温めるのも効果的。

 × シャワー生活
 × 冷たい飲み物を飲む




ラクティス 乳酸菌生成エキス キレイと健康は腸内環境からimg2
Move Happily
楽しく体を動かす

運動で腸のぜん動を助けよう。ウォーキングや簡単なエクササイズなど、息の上がらない軽い運動を、毎日少しずつ行うのが理想。ここでのポイントは、「楽しいと感じること。」 義務感でやったり、過酷な運動は精神的ストレスになり、活性酸素を発生させるので逆効果。近所を散歩するなど、負担なく行える範囲で実践してみよう。

 × 息が上がるほどの激しい運動
 × 運動不足
 × 義務感に駆られて行う運動



Modern Diseases   電磁波を浴びる時間を短縮する!

電磁波は、腸内細菌にまでダメージを与える怖い敵。PCやスマホの長時間使用や、電子レンジなど、現代人は電磁波に常にさらされる状態に。ゼロにするのは難しくても、PCを使う時間を決めるなど、自分なりにルール化を。やりがちなPCをみながらのデスクランチは、電磁波だけでなく、免疫力も下げるので、お昼は外で息抜きを。

 × PC、スマホ、電子レンジの使い過ぎ




ラクティス 乳酸菌生成エキス キレイと健康は腸内環境からimg4
Eat Good Cheer
腸内細菌のごちそうを積極的に食べる

腸のごちそうは、納豆やヨーグルトなどの発酵食品と、腸内細菌のエサとなる、豆、野菜、果物などの植物性の食物繊維。プラスして腸のぜん動運動を助けるカルシウム&マグネシウムをサプリメントなどで補えば、腸は大喜び。一方で、精製された白い砂糖や添加物、ファストフード、偏食などは、よい腸内細菌を殺し、悪玉菌が一気に増え、腸の機能が低下してしまうので注意!

 × 30回噛めないものは活性酸素のかたまり!
 × 腸内細菌を殺すのは添加物
 × 脳の好物である「白い砂糖」は腸の毒



■ 腸の2大大敵は、「腸内洗浄」 と 「便秘薬」 だった!

   腸内洗浄
腸内洗浄で、腸内細菌とともに腸細胞も流されてしまいます。腸細胞は、幸せ物質を合成するのに必要なので、体のハッピーな巡りも止まりますし、腸内細菌も元の状態に戻るまでに時間がかかってしまいます。

   便秘薬
便秘薬を常用すると自分で腸を動かす能力が衰えてしまいます。正常な腸のぜん動がなくなれば、また溜まりやすくという悪循環に。腸内細菌を増やすサプリを活用して、自力で押し出せる力を鍛えましょう。  


                                         参考:エル・ジャポン 2013/9月号 "美腸"な女は"美肌"な女

ライン


腸内環境を整える!


ラクティス 乳酸菌生成エキス

乳酸菌生成エキス ラクティス

「ラクティス」は、乳酸菌そのものではなく、体の中の乳酸菌を増やすエキスです。
100年にも及ぶ研究により選び抜かれた16種類の乳酸菌。富士の大自然のもと、無農薬・無化学肥料で育てあげた大豆。健康を支えるものだからこそ、素材にはとことんこだわっています。





”美腸”になって輝く!vol.2




ダイエットに成功したければ、

腸のことだけを考えればいい!

ライン


腸が美しければ美しいほど、人は若返り、キレイになるという事実!
いったい腸は何をしてくれるのか? どうすれば 理想の腸 = 美腸 になれるのか?
そのメカニズムを藤田紘一郎先生に伺いました。
あなたも美腸になって生き生きと輝きましょう!


       ラクティス 乳酸菌生成エキス 美腸になって輝く vol.2


ダイエットと腸も密接関係にあります。ついつい甘いものを食べたり、ファストフードがやめられなくなったり… こういったダイエットの邪魔になる行為は、藤田先生によると脳の仕業だ。「ストレスが重なると、精神的な疲労感を一時でも忘れさせようと、脳が暴飲暴食に走らせます。またダイエットでリバウンドしやすいのも ”食事制限” という我慢がストレスとなり、一瞬でも気を許すと脳が「食べたい!」と強烈な指令を出すせい。」 この脳がもつ快楽系が一度刺激されると止めるのはなかなか困難です。

では、どうすればいいのでしょう?

「脳で考えるから痩せられないのです。ダイエットを成功させるには、腸のことを考えればいい。何をどんなふうに食べたら、腸内細菌がたくさん増えるかを考えて食事するだけでいいのです。腸内細菌の好物ばかり食べていたら、人は絶対に太らないし、太っている人はスルスルと痩せていきます。」

逆に最近、食事を変えていないのに太りやすくなってきたと感じる人がいたら、腸内細菌のバランスが崩れている可能性が。「腸内細菌は約1,000種類ほどあって、なかには食べ物をエネルギーに変える効率が悪い特性をもつ菌も。そういった、人を太らせる菌が優位になると、ダイエットの効果が出にくい体になってしまう。以前より太りやすくなったと感じる人は、善玉菌が増えるような食事を心掛けて、腸内細菌のバランスを変えてあげることが必要です。」善玉菌が増えれば腸内はキレイになり、消化力も高まって、排出力も増してくる。デトックスがきちんとされれば、体も心も軽やかになり、肌もさらに美しくなるということ。



ラクティス 乳酸菌生成エキス キレイと健康は腸内環境からimg8



■ 悲しいことに、現代人の美腸率は低下の一方!


ラクティス 乳酸菌生成エキス キレイと健康は腸内環境からimg10

ところで自分の ”美腸レベル” がどのくらいなのか、セルフチェックする方法はあるのだろうか?

「”大きな便り” と言われているように、大便こそが腸の状態を知るいちばんのポイント。毎日必ず排便があることが美腸の必須条件ですが、それだけではダメ。内容も大切なんです。」

すぐ下のチェックリストを見てみよう。毎日排出していても、リストの条件を満たしていない人は、美腸とはいえません。 ましてや出ない日もある人は、必ず対策を練るべき!





■ 腸の便りは毎日のトイレ!  〜 まずは美腸の条件をチェック 〜

   毎日1回、必ず排便がある
   バナナが1本ストンと出るような感じ
   色は黄褐色
   最初は浮いているが、じきに沈む
   あまり臭くない

便は半分が食べた物のカスで、残りは生きている腸内細菌と死んだ腸内細菌。腸の中の細菌の数が多く、その大半が善玉菌で、悪玉菌はほんの少々という理想バランスを保てれば、上記のような排便ができる。



実は残念なことに、現代人の美腸率は急激に低下しているという。

「原因はたくさんあるのですが、いちばんは食生活の変化。戦前に比べると腸内細菌のエサとなる食物繊維の摂取量が激減し、逆にファストフードなど添加物の入った食べ物や糖質、悪い油の摂取量が激増。そのために腸内環境のバランスが悪化し、排便量が3分の1にまで落ち込んでいるのです。」


ラクティス 乳酸菌生成エキス キレイと健康は腸内環境からimg11


文明の進化によって便利になった生活も排便力の低下につながっているという。「腸内環境を阻害する物質として見過ごせないのが ”活性酸素” 。免疫機能の一部で、1万年前になかったものに体が触れると発生し、細胞を攻撃してしまう特性があります。例えば、携帯電話、パソコン、電子レンジ、ドライヤーなどの電気製品を使用したときに発生する電磁波を、体内では敵だと勘違いし、活性酸素がつくられる。活性酸素はきわめて毒性が強く、腸内細菌の数を減らしてしまうのです。」

さらに、働く女性が増え、社会も多様化し、ストレスを受けることも多くなった。「ストレスを受けると男性は下痢、女性は便秘になりやすい」というように、便秘がちな女性がかなり増えてきている。便秘は肌あれだけでなく、自律神経の乱れ、血行不良、体臭や口臭の悪化のほか、大腸がんなど、さまざまな病気を引き起こす元凶だ。とは言え、今の便利な生活を変えることはできない。現代社会でも美腸を保つための ”新習慣” が必要です。


                                         参考:エル・ジャポン 2013/9月号 "美腸"な女は"美肌"な女

ライン


腸内環境を整える!


ラクティス 乳酸菌生成エキス

乳酸菌生成エキス ラクティス

「ラクティス」は、乳酸菌そのものではなく、体の中の乳酸菌を増やすエキスです。
100年にも及ぶ研究により選び抜かれた16種類の乳酸菌。富士の大自然のもと、無農薬・無化学肥料で育てあげた大豆。健康を支えるものだからこそ、素材にはとことんこだわっています。





”美腸”になって輝く!vol.1




若さと美しさを司るのは、

実は、腸だった!

ライン


腸が美しければ美しいほど、人は若返り、キレイになるという事実!
いったい腸は何をしてくれるのか? どうすれば 理想の腸 = 美腸 になれるのか?
そのメカニズムを藤田紘一郎先生に伺いました。
あなたも美腸になって生き生きと輝きましょう!


       ラクティス 乳酸菌生成エキス キレイと健康は腸内環境から・2


アンチエイジングと聞くと、高機能コスメによるスキンケアやエクササイズ、エステティックサロンやクリニックでの施術ばかりを考えてしまうが、実は腸の状態をよくすることがいちばんの近道と、最近注目が集まっている。
「腸は栄養を吸収して、老廃物をつくって排出するだけと思われていましたが、実は脳並みに大切な器官」と語るのは、東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生。「生物の歴史をたどると、腸だけで生きている時代がほとんどで、現代でいえば、ミミズがそうです。目も鼻も口も呼吸器もなく、腸だけなのに、何を食べたらいいかを判断することができる。人間も何か変なものを食べると、それを排除しようと免疫細胞が働くように腸が指令を出す。つまり腸は脳のような役割も果たし、さまざまな働きをしているのです。」





脳から分泌される、若返りホルモンと呼ばれる幸せ物質も、腸がないとつくられないという。「幸せ物質のドーパミンやセロトニンの前駆体を合成して脳に送っているのが腸内細菌。幸せ物質は"若さ"と"やる気"のもとですが、脳ではなく、腸が支配している部分も大きいのです。実際、脳内にはセロトニンが2%しかなく、ほとんどは腸ににあると言われています。だが、脳にあるたった2%のセロトニンが少しでも減ると、人は鬱になってしまう。鬱病患者には脳のセロトニンが減らない薬が投与されますが、そもそもの腸を大事にしないと鬱は治らないんです。逆に、腸を大事にしていたら、幸せホルモンがきちんと作られ、いつも生き生きと元気でいられます。」セロトニンは、精神を安定させるだけでなく、体を活性化させ、冷え性を解消する効果も。抗重力に関わる筋肉にも働きかけるので、肌もたるみにくくなり、目もぱっちりしてくる。腸を元気にすることこそ、若い見た目を保つ鍵なのだ。



[セロトニン]
人間の精神面に大きな影響を与える神経伝達物質で、心のバランスを整える。「幸せ」と感じるのはセロトニンのおかげ。体を活性化させ、たるみにくい皮膚をつくる。

[ドーパミン]
意欲や快の感情を司る神経物質で、運動や学習にも関わる。分泌量が豊富で、充分に機能していれば、何事にも意欲的で明るい性格に。恋愛感情も高まる。



■ 美腸になると、こんなにいいことずくめ!

   ダイエットに成功する
   肌がキレイになる
   全身若返る
   気持ちが明るくなる
   恋愛体質になる
   風邪を引きにくくなる



■ 免疫力やビタミン合成も、腸が支配している!

いつまでも若々しくキレイでいるためには、体が健康であることも不可欠。人が病気にならないために、体内では免疫が常に機能しているが、その働きの約70%を築いているのが腸内細菌です。
「腸が原因と考えられる病気は、脳から心臓、関節まであらゆる部位に及ぶとされています。と言うのも腸内細菌のバランスが乱れて腸が不調になれば免疫がうまく働かなくなるから。逆に腸内細菌のバランスを整え、腸を元気に保つことができれば、病気のリスクが低くなり、風邪も引きにくくなります。」

美肌のもとのビタミンの合成も腸内で行われます。「人間はビタミンを自分で合成することはできません。腸内細菌が腸の中で食物から合成してくれているのです。実は先ほど述べたセロトニンやドーパミンなどの幸せ物質をつくるには、ビタミンの存在が不可欠。特にビタミンC、ビタミンB6、葉酸が必要なのですが、腸内細菌が合成するこれらのビタミンが不足していては、充分に作ることができません。」
ビタミン不足と聞くと、肌荒れが気になるが、それだけでは済まされないということ。幸せ物質が作られにくくなることで、心も見た目も老けていくのです。



■ 腸の便りは毎日のトイレ!  〜 まずは美腸の条件をチェック 〜

   毎日1回、必ず排便がある
   バナナが1本ストンと出るような感じ
   色は黄褐色
   最初は浮いているが、じきに沈む
   あまり臭くない

便は半分が食べた物のカスで、残りは生きている腸内細菌と死んだ腸内細菌。腸の中の細菌の数が多く、その大半が善玉菌で、悪玉菌はほんの少々という理想バランスを保てれば、上記のような排便ができる。


                                         参考:エル・ジャポン 2013/9月号 "美腸"な女は"美肌"な女

ライン


腸内環境を整える!


ラクティス 乳酸菌生成エキス

乳酸菌生成エキス ラクティス

「ラクティス」は、乳酸菌そのものではなく、体の中の乳酸菌を増やすエキスです。
100年にも及ぶ研究により選び抜かれた16種類の乳酸菌。富士の大自然のもと、無農薬・無化学肥料で育てあげた大豆。健康を支えるものだからこそ、素材にはとことんこだわっています。





あなたの腸年齢をチェック!




見た目の美しさは、

”腸年齢”で決まります。

ライン


腸内環境の悪化は、肌や体型など、見た目の美しさと密接に関係しています。



腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、腸内にはインドールやスカトールなどの有害物質が多く発生します。その有害物質が腸壁から吸収されて血液中に流れ出し、体内を巡って肌荒れや冷え症などを引き起こします。
現代人の腸内環境は大きく変化しています。腸内環境は老化に伴い悪くなりますが、近年は食生活の乱れやストレスから、若い世代でも腸内環境が悪化するケースが増えています。

ラクティス 乳酸菌生成エキス キレイと健康は腸内環境から・2


下の項目をチェックしてみて、腸年齢が高かった人は要注意!食べ物や生活習慣の見直しを。


あなたの腸年齢は?
以下の質問で思い当たるものをチェックしてください。

<トイレチェック>
□ いきまないと出ないことが多い
□ 排便後も便が残っているような「残便感」がある
□ 便が硬くて出にくい
□ コロコロといした便が出る
□ ときどき便が緩くなる
□ 便の色が黒っぽい
□ 便が便器の底に沈むことが多い
□ 便が臭いと言われる

<生活習慣チェック>
□ トイレの時間が不規則
□ おならが臭いと言われる
□ たばこをよく吸う
□ 顔色が悪く、老けて見られる
□ 肌荒れやニキビに悩んでいる
□ 運動不足だ
□ 寝つきが悪く、寝不足気味
□ ストレスを感じている

<食事チェック>
□ 朝食を抜くことが多い
□ 時間がないので、朝食は短時間で済ます
□ 食事の時間が決まっていない
□ 野菜が不足していると自覚している
□ 肉が大好き
□ 牛乳や乳製品が苦手
□ 外食は週に4日以上
□ アルコールをよく飲む


判定! チェックした数は?

[4個以下] 実年齢 -5歳
あなたの腸年齢は、実年齢より若くて理想的。
今の生活をぜひ続けて。でも腸内環境はちょっとしたストレスにも影響されるから油断は禁物!

[5〜9個] 実年齢 +10歳
まずまずの腸年齢ですが、これ以上高くならないよう、生活習慣の改善を心掛けましょう。排便リズムや食生活が乱れないよう日々、意識を。

[10〜14個] 実年齢 +20歳
便秘や下痢の症状に悩まされていませんか?
老化が進行して、腸内環境に危険信号が出ています。野菜を摂っていますか?食生活を中心に見直して!

[15個以上] 実年齢 +30歳
腸内環境は高齢者並み。おならが臭い、疲れやすいなど、悩まされていることが多いはず。このままだと生活習慣病などの病気にかかる可能性も!

                                         参考:an.an 2013/5/29 「腸」が美人をつくる!

ライン


腸内環境を整える!


ラクティス 乳酸菌生成エキス

乳酸菌生成エキス ラクティス

「ラクティス」は、乳酸菌そのものではなく、体の中の乳酸菌を増やすエキスです。
100年にも及ぶ研究により選び抜かれた16種類の乳酸菌。富士の大自然のもと、無農薬・無化学肥料で育てあげた大豆。健康を支えるものだからこそ、素材にはとことんこだわっています。





PMS(生理前症候群)について






アッシュ・エル PMS(生理前症候群)について
     

              月が満ち欠けして新月から満月へ

          そして、再び新月になるまでの期間は約29日間。

        女性の月経周期や肌の新陳代謝のリズムも約28日。

               不思議なことにほぼ同じです。

          それは、人類の祖先が水の中に住んでいた時、

            月の満ち欠けと連動する潮の満ち引きが

              体内のリズムに反映されたから。

                そんな一説もありますが、

              遥か昔から現在に至るまで続く

         現代科学でも解明されていない不思議な同調は

              今もなお神秘に満ちています。



PMS(Pre-Menstrual-Syndrome)・・・

生理前症候群とよばれ、身体的・精神的に不快な種々の状態が、生理前または生理のごく初期に出現し、生理後一定期間に消失するような状態をいいます。PMSは、これまで病気というよりは単なる女性の特質として見逃されてきましたが、近年、欧米では広く関心が持たれるようになり、PMSに関する研究が次々と行われています。



PMS時に現れる代表的な症状

身体的症状

精神的症状

下腹部膨満感
下腹痛
胸が張る
頭痛
むくみ
体重増加
便秘、下痢
肌荒れ、吹き出物
皮脂分泌量の増加
動悸
過食など

イライラ
怒りやすい
憂鬱
集中力の低下
判断力の低下
無気力
孤独感
妄想症
涙もろい
パニックなど



PMS時のお肌の状態・・・

女性の身体はホルモンバランスによって、一定のサイクルを繰り返しています。 生理前のお肌は、皮脂分泌量の増加・シミの悪化・乾燥による肌あれなどがおこります。

その時期に起こる肌トラブルとして、肌が脂っぽくなる・肌があれる・くすみなどの症状が現れます。

皮脂が過剰に分泌されると、汚れの付着・細菌の繁殖などが起こりやすく吹き出物などの原因になります。また、肌が脂っぽくなると毛穴が目立ったり、化粧崩れをしやすくなります。

また、大変敏感になっているため、かゆみなどを感じる場合もあります。

PMSはなぜ起こるのでしょうか?

PMSには、女性の体内で変化する2つのホルモンが関係しています。

▼卵胞ホルモン(エストロゲン)

月経初日から排卵までの約2週間、活発に分泌されるホルモンで、女性の美しさ(女性らしさ)に関係の深いホルモン。細胞がいきいきとして、肌や体調も安定していますので、お手入れやダイエットの効果が出やすい時期です。

肌の積極的なお手入れや、新しい化粧品を試すのもこの頃がお勧めです。

▼黄体ホルモン(プロゲステロン)

排卵後から約2週間、活発に分泌されるホルモンで皮脂分泌が増加し、吹き出物や肌荒れを起こしやすく、色素沈着をしやすい時期です。

紫外線や、洗顔時の肌の摩擦などによるシミにも気を付けて過ごしましょう。

      アッシュ・エル PMS 女性ホルモンの変化

卵胞ホルモンが多く分泌される約2週間は、体調も良くお肌も安定しています。排卵後から約2週間は、体温上昇作用のある黄体ホルモンが増えるため、体調を崩しやすく、お肌の状態も不安定になります。



PMS時のスキンケア・・・

 PMS時のお肌は通常時の何倍も敏感になっていて、刺激を受けやすくなっています。そのため、普段と同じ化粧品・お手入れでは、お肌に大きな負担をかけてしまうのです。

 PMS時の正しいケアができていないと、お肌に大きなトラブルを与えてしまいます。また、トラブルを感じていない人でも、お肌の蓄積トラブルが老化を早めてしまいます。

 PMSの時期に正しいケアができていない

  ↓        

 お肌の回復が遅れる

        ↓

 トラブルが解消される前に次の生理が始まる

        ↓

 さらに肌あれをおこす    ・・・・これを繰り返してしまいます。

 美しいお肌を維持するために必要なことは、女性のバイオリズムにあわせたスキンケアを行うことが大切です。

 たとえ表面的に変わっていなくても、お肌の内部では代謝のリズムが大きく変化していますので、PMS時の正しいスキンケアが、未来のお肌に大きな影響をあたえます。




アッシュ・エル PMSライン 3大特徴

1・安全性
安心してお使いいただくために、安全性には特にこだわりました。成分の追及、たび重なる使用テスト。また、お肌にやさしくうるおいを与える大豆エキス、ヒオウギエキス、レモングラスエキスなどを配合し、色素・香料は一切使用していません。



アッシュ・エル PMSライン エアレスボトル採用




エアレスボトル採用
PMSエッセンス、PMSジェルは、使用する時まで
化粧品が空気に触れにくい「エアレスボトル」を採用。
中身が酸化せず、長時間成分が変化しません。
商品の品質だけでなく、容器にもこだわりました。



2・PMS理論 〜バイオリズムに合わせたスキンケア〜
これまでのスキンケアは、お肌を元気にする細胞活性が重視されてきました。しかし、お肌の不調時は、活性させるよりも鎮静させることが重要です。
例えば、元気な時はご飯を食べていても、身体が弱っている時はお粥を食べることと同じようなことです。
化粧品にお肌を合わせるのではなく、お肌の状態に合わせたスキンケアを行うことが大切です。

3・皮膚保護成分 セラミド掲杞隋
不調時のお肌はセラミドが不足しているため、角質層のバリア機能が低下し、不安定でデリケートになっています。PMSラインは、お肌の脂質バリアを補い正常に保つセラミド靴鬚呂犬瓠∧歇樟分の油溶性甘草エキスやローズマリーエキスの配合により、外部刺激からお肌をやさしく保護し、健やかに保ちます。



           

 エッセンスS (さっぱりタイプ)      エッセンスR (しっとりタイプ)  



            

 ジェルS (さっぱりタイプ)         ジェルR (しっとりタイプ)


キレイと健康は腸内環境から




キレイと健康は、腸内環境から

ライン


「一生懸命、お手入れしているのにお肌がイマイチ…」

そんな方は、ぜひ腸からスキンケアしてみましょう。


その場しのぎではなく、根本から肌に元気を与え、キレイになるには腸がキレイでなくては!


       ラクティス 乳酸菌生成エキス キレイと健康は腸内環境から


ライン

■ 乳酸菌が支える 本当の 美と健康

腸にはさまざまな働きがあります。消化、吸収はもちろん、血液の質を決める「造血機能」、体内の不要物や老廃物をすてる「排泄機能」、そして、カラダを守り続ける「免疫機能」。キレイと元気には欠かせない働きばかりです。
これらの働きを支えているのが「乳酸菌」の存在です。「乳酸菌」といえば、健康に役立つことは言うまでもありませんが、乳酸菌なら何でもいいかというと、そうではありません。もともと腸内に棲んでいる乳酸菌でないと、その役目を果たせません。
『ラクティス』は、お腹の中に棲み続けている自分の乳酸菌をサポートします。「私には私の乳酸菌」これが、本当の美と健康を実現するキーワードなのです。

■ 乳酸菌 = 健康 大切なのは増やし方!

乳酸菌にはさまざまな種類がありますが、実は腸内に棲むことができるのは、自分と相性の合う「私の乳酸菌」だけなのです。その種類は、親子・姉妹でも違います。そのため、ヨーグルトのように外から「市販の乳酸菌」をとり入れても、相性が合わないと棲みつくことができないのです。 『ラクティス』は、乳酸菌がつくり出した「分泌物」と「菌体物質」からなる、「私の乳酸菌」を守り育てるエキスです。

■ 若さのカギは腸年齢    

見た目が変わる!腸年齢

年齢よりも若々しく見える人は、カラダに活力がある人です。表情や動作がはつらつとし、当然、お肌にもハリがあります。そのカギを握っていると聞いたら、驚きますか?
腸はとっても働きもの。栄養や水分の吸収、毒素の排泄、免疫力を高めて感染症を防ぐといった働きのほかに、ビタミンやホルモンもつくっています。腸が若く元気だと、これらの働きが高まって、生命エネルギーが高まります。その結果、お肌のうるおいやハリがアップしたり、カラダに元気がわいてきて、若返っていくのです。

あなたの腸は大丈夫?

毎日すっきりしない、お肌のトラブルが多い、疲れやすい、やる気が出ない…。そんな人は、腸が老化しているのかもしれません。腸はとてもデリケート。偏った食事やストレス、運動不足、抗生物質などの薬品摂取など、さまざまな原因によって腸は汚れ、老化していきます。汚れた腸は働きが弱まり、「人は腸から老化する」 と言われるほど、カラダの機能も弱めていきます。これが老化を早める大きな原因というわけです。

乳酸菌が、若さをサポート

腸をキレイにし、腸年齢を若くしてくれる頼みの綱は、腸内で働く乳酸菌(善玉菌)です。ところが悲しいことに、乳酸菌の数は加齢とともに減っていきます。乳酸菌がたくさんすんでいるのが、若い腸。「腸年齢は、乳酸菌の数で決まる」と言えるかもしれません。
腸内には120兆個もの腸内細菌が、群れをつくってすみついています。腸内細菌は、乳酸菌に代表される善玉菌とウェルシュ菌に代表される悪玉菌、大きく2つのグループに分けられます。善玉菌は、腸内で「よい発酵」をすすめ、病原菌をやっつけたり、ビタミンなどの有益な物質をつくりだし、健康に役立つ働きをします。一方、悪玉菌は腸内の「腐敗」をすすめて有害物質をつくり、病気の引き金になったりします。つまり、腸年齢を若くするには、腸内にすむ乳酸菌の数を増やすこと。これが近道です。

■ 腸のキレイと 美肌の関係    ラクティス 乳酸菌生成エキス キレイと健康は腸内環境からimg7

腸内に悪玉菌が多くいると、食べた物は腐敗してしまいます。腸から吸収された食べ物が血液、皮膚、内臓、骨、リンパ液など、カラダをつくるすべての素になるので、腐敗した状態で吸収されると、体の不調や、肌荒れやくすみなどが現れてきます。 腸内で食べ物の腐敗を防ぎ、腸をキレイにしてくれるのが乳酸菌などの善玉菌です。血液を浄化し、化学物質の解毒や、美肌の材料になるさまざまなビタミンやホルモン、酵素をつくるために働きます。その結果、肌が本来の力を取り戻して、美肌に変わっていくのです。

                              


■ 花粉のお悩みに 『乳酸菌生成エキス』 ! 

いまや、日本で花粉症に悩む人は、約3,800万人もいると言われています。なんと、3〜4人に1人の割合です!花粉症やアレルギー症状の患者さんに「乳酸菌生成エキス」を用い、効果をあげていらっしゃるのが松永敦先生(大北メディカルクリニック院長)です。先生ご自身、ひどい花粉症が改善されたと言います。さて、その秘密は?


食事と 「乳酸菌生成エキス」 がカギ

花粉症などのアレルギー症状は、Th1とTh2という2種類の免疫細胞のバランスが崩れ、Th2が増えすぎると発症します。花粉などのアレルゲンを異物として攻撃するIgE抗体が過剰につくられ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが現れてしまうのです。
Th2が増える主な原因は、高タンパクの食事です。肉などの動物性高タンパク食品や甘いものを控え、野菜たっぷりの食事に変えれば花粉症は改善されていきます。これは私自身が実感したことです。さらに「乳酸菌生成エキス」を摂取することで、ひどい花粉症が、飲み薬がいらなくなるまでに改善しました。
「乳酸菌生成エキス」は、免疫細胞のバランスを整えてくれます。私のクリニックでは、花粉症をはじめ、アレルギーやアトピーに悩む方にすすめていますが、多くの方が効果を体感され、血液検査でもアレルギーの指数となる数値が下がることを確認しています。

「乳酸菌」 で花粉に負けない

花粉対策には、腸内の乳酸菌の力を高めることが欠かせません。
乳酸菌は免疫細胞のバランスを整えて、花粉が異物として攻撃されることを抑えてくれます。また、乳酸菌が多い健康な腸で、免疫機能がしっかり働いていれば、花粉など不要なものが入らないようにブロックできます。消化の力も高まり、タンパク質である花粉を、アミノ酸まで分解して吸収することができます。未消化で分子が大きいまま吸収されると、異物として認識されやすくなってしまうのです。
耳鼻科医として、長年患者さんを診てきて、ちょっとした寒暖の差でも鼻水が出やすいなど、現代人は粘膜が非常に弱くなっていると感じています。花粉症やアレルギーが増える一方なのは、このことも原因でしょう。乳酸菌によって免疫バランスが整えば、粘膜を強くすることもできます。このように、乳酸菌によって腸から体質改善でき、花粉症に負けない体づくりが期待できます。

                              


■ 妊婦さんの悩みが、乳酸菌で改善!

つわりをはじめ、妊娠中は体の変化に伴い、さまざまな悩みが現れてきます。便秘もそのひとつ。でも 「下剤を避けたい」 のが妊婦さん共通の願いですね。佐藤香代先生(福岡県立大学 看護学部長)は、不快な症状に悩む妊婦さんに 「乳酸菌生成エキス」 を用いた結果を、 「第52回日本母性衛生学会総会」 で発表しました。



なぜ便秘に?

妊婦さんは、ホルモンの関係や、子宮が大きくなって腸のぜん動運動が抑制されるため、便秘になりがちです。冷えやだるさ、肌荒れなど、妊娠期はさまざまな不快症状が現れますが、これらも便秘が原因であることが多く、便秘はとくに深刻な悩みです。 「乳酸菌生成エキス」 の飲用で好転するのではないかと思い、調査を行いました。

予想以上の効果でした!

18名の妊婦さん(うち6名は便秘がちの方)に、 「乳酸菌生成エキス」 を30日間飲んでもらい、28項目について調査を行いました。
結果は予想以上でした。便秘やガス臭の改善は予測していましたが、妊婦さんがよく訴える、冷えやだるさ、腹部のハリ、肩コリなどもよくなったと全員が実感。肌の保湿性や弾力性、ニキビ・吹き出物についても全員が改善されたという結果が出ました。
「乳酸菌生成エキス」 は、妊娠中の不快症状を著しく改善し、生活の質を向上させると期待できます。
 


妊婦さんに大事な、腸の健康

腸は、消化吸収はもちろん、免疫と関わっていたり、酵素やビタミンをつくったりと、多くの働きをしています。血液の浄化や化学物質の解毒なども腸の大きな役割なので、本当に大事な臓器です。

便秘などで腸内環境が乱れると、健康上のさまざまなトラブルや冷え、肌荒れなどが起こります。 「乳酸菌生成エキス」 の摂取により、腸内に善玉菌の代表である乳酸菌が増えると、腸の中はキレイになり、健康的な状態に整えられます。ぜん動運動も起こりやすくなるので、便秘の改善が期待できます。
私は、つわりには体内にたまった不要なものを外に出すデトックス効果があり、これは身体のもつ智慧だと考えています。それだけ 「出す」 ことは大切なのです。最近は羊水が汚れている、シャンプーの臭いがするなどよく耳にします。腸には、解毒と浄化にしっかり働いてもらわないといけません。妊婦さんには特に、腸の健康に気遣ってほしいと思っています。

                             


■ 3ヶ月で実感! 乳酸菌生成エキス

「乳酸菌生成エキス」 は、医師もすすめるサプリメントです。内科はもちろん、皮膚科や耳鼻咽喉科、産婦人科、歯科など、幅広い分野で信頼され、お医者さん自身にも熱烈なファンが多いのです。健康学の第一人者、水上治先生(健康増進クリニック院長)もそのおひとり。水上先生に、「乳酸菌生成エキス」 を上手にとるコツを教えていただきました!




細胞の質は、腸が決める!

私たちのカラダは、約60兆個もの細胞でできています。このうち、約1兆個が毎日入れ替わっていると言われています。古い細胞が死に、新しい細胞が生まれる新陳代謝を絶えず繰り返しているのです。

細胞をつくる材料は、血液が運ぶ栄養素と酸素です。ここでカギを握るのが 「腸の働き」。 腸内に悪玉菌が多いと、毒素などが発生し、腸が汚れます。腸が汚れていると血液も汚れ、毒素なども一緒に全身に運ばれてしまいます。せっかくとった栄養も十分に吸収できず、免疫力が低下することもわかっています。血液の循環も悪くなるので、酸素も十分に行き渡らないことになります。

腸が汚れていると、細胞が 「悪い材料」 でつくられてしまうのです。これが、心身にさまざまな不調を引き起こす大きな原因です。 「乳酸菌生成エキス」 は、腸内に善玉菌の代表である乳酸菌を増やし、腸をキレイにして、血液を浄化します。その結果、一つひとつの細胞に栄養と酸素がたっぷり届き、 「良い材料」 で新しい細胞がつくられていきます。これは、細胞の質が上がること。その結果、全身がみずみずしく、はつらつと変わっていきます。 「乳酸菌生成エキス」 は、細胞レベルから体質改善できると言えます。
ラクティス 乳酸菌生成エキス こんな悩みにサヨナラ


ほとんどの方が3ヶ月で実感!

「乳酸菌生成エキス」 を飲み始めた方は、たいてい3ヶ月ほど経つと 「良い変化」 を実感されるようです。これは、新陳代謝によって入れ替わった細胞が元気になったからと言えます。
「肌は28日で生まれ変わる」 とご存知の方は多いと思いますが、内臓や筋肉、骨、血液など、脳以外の細胞はすべて生まれ変わっています。腸をキレイにして、「良い細胞」 で全身をつくりたいですね。

最初は 「あれ?」 と思っても

「乳酸菌生成エキス」 を飲み始めると、便が硬くなる、緩くなるなどの変化が現れることがあります。これは、エキスに体が反応を始めたからです。
だから、ここで止めるのはもったいない!良いものを体内に入れても、カラダが 「良いもの」 と判断するには時間がかかります。カラダに納得させ、定着させる時間の目安が3ヶ月です。最初は多めに飲むのがお勧めです。

「自分の乳酸菌」 を育てよう!

「乳酸菌生成エキス」 がほとんどのサプリメントや乳酸菌製品と大きく違うところは、自分のおなかにすんでいる乳酸菌を育てて、増やしてくれることです。

私たちの腸には、生まれながらに 「自分だけの乳酸菌」 がすんでいます。乳酸菌にも相性があり、市販の乳酸菌を送り込んでも、自分と相性がいいとは限らず、腸内に定着しないのです。 「乳酸菌生成エキス」 は、無農薬大豆の豆乳と乳酸菌でできており、副作用の心配がない安心なサプリメントです。私も信頼して愛用し、患者さんにも勧めています。



ライン


■ 腸内環境を整える!


ラクティス 乳酸菌生成エキス

乳酸菌生成エキス ラクティス

「ラクティス」は、乳酸菌そのものではなく、体の中の乳酸菌を増やすエキスです。
100年にも及ぶ研究により選び抜かれた16種類の乳酸菌。富士の大自然のもと、無農薬・無化学肥料で育てあげた大豆。健康を支えるものだからこそ、素材にはとことんこだわっています。









徹底 !! 美白ケア

透明感のある明るい肌色へ ホワイトニングケ アアドバイス


    美白は習慣で手に入れるもの。
    正しいトータルスキンケアが大切です。
    色素沈着のメカニズムを把握し、持続的なケアを心掛けましょう。









正しいクレンジングで
美白力をアップ


効果を上げるクレンジングのポイント

●クレンジング剤はたっぷり使う

量が少ない人が多いので、今の倍くらい使うイメージで。

●クレンジング剤を手で温める

肌に塗った化粧品は油性成分が多く、温度が高いほうが化粧品が溶け出しやすくなります。

●1〜2分でゆっくり軽く、浮かせるように

あまり早いと汚れが浮いてきませんし、逆に長すぎると汚れを肌に押し込めることに。


            矢印d

            矢印d

            矢印d


       余分な角質を除去し
   美容成分を100%吸収 !!


        晩
       週1〜2回

        通常のクレンジング、洗顔後、

        古い角質を除去することで、

        有効成分を吸収しやすい

        状態にします。


            矢印d

            矢印d

            矢印d



 

        

    アルガンオイルの浸透力で
    更に吸収力アップ !!


        朝 晩

        肌状態に合わせた化粧水と、

        アルガンオイルを2〜3滴混ぜて使用することで、

        肌への浸透性がアップし、深部にまでうるおいと
        有効成分を届けます。

        老化によるシミが気になる場合は、

        肌老化の原因となるさまざまな要因から肌を守る

        ビューティフルイッドがお勧めです。


            矢印d

            矢印d

            矢印d







 アンネマリー・ボーリンド ホワイトフルイッド
       透明感のある明るい肌色へ

       メラニンの生成を効果的に抑制して、
      シミ・ソバカスを防ぎます。


        朝 晩

        美白有効成分である「キンレンカの花びら」から抽出したエキスが

        メラニン生成の信号を送るチロシナーゼの活動を抑制し、

        シミが出来にくい肌状態を保ちます。

        「甘草エキス」、「ビタミンC誘導体」が、さらに美白作用を補助し、

        肌の鎮静とコラーゲンの生成を助けます。

        保湿性にも優れて、ベタつき感なく素肌を保護してくれます。


            矢印d

            矢印d

            矢印d







 LLクリームマスク
       肌の再生サポート
   

       肌のターンオーバーを高め、
      自ら美しくなる力を引き出します。


        晩
       週1〜2回

       洗い流す必要のない、浸透タイプのマスク。

       活性成分が、肌の再生をサポートします。

       ターンオーバーを早めることで、できてしまったメラニンの排出を

       促します。


       ※ピールクレンジング、化粧水の後、ホワイトフルイッドをなじませ、
       その後、目と口の周りをさけて塗ります。




日中は、紫外線から肌を守る

   太陽を美肌の大敵にしない

  肌に やさしい UVケア



     エシーレ UVベースミルク(日焼け止め乳液)                  

    エシーレ UVベースミルク                バイオラブ クレムアンティソレイユ



                                              参考:大泉書店 アンチエイジング・マッサージ



     

セルライトについて




セルライトとは  【cellulite】

ライン


■ セルライトってなに?

セルライト = 脂肪 と思っている人いるかも知れませんが、セルライトは脂肪そのものではなく、脂肪細胞が肥大化し、老廃物と絡み合ってできた脂肪組織のことです。
細胞という意味の「cellue」と鉱物や化合物を表わす「-ite」を組み合わせたフランス語の造語で「脂肪細胞の老廃物の塊」のことをいいます。

セルライトは成人女性の約80%にみられると言われていて、一見スリムな人でも存在する可能性はかなり高く、一度できてしまうと自然に消えることはありません。セルライトは通常のダイエットなどでは取り除くのが困難なため、日頃のケアがとても大切なのです。

セルライトの症状が悪化すると、肌の表面が凸凹とオレンジの皮のように見えるため、「オレンジピールスキン」とも呼ばれています。



アンネマリー・ボーリンド ボディエフェクト オレンジ


 ■ セルライトの原因とは?

 セルライトの主な原因は、「運動不足」・「むくみ」・「冷え」・「過食」・
 「加齢」・「ホルモンバランスの変化」
などがあげられます

 脂肪細胞が肥大化したり増殖すると、周囲にある血管やリンパ管が
 圧迫され、流れが悪くなります。血液やリンパの流れが悪くなると、
 代謝機能がダウンし、「冷え」や「むくみ」の症状が現れます。
 「冷え」や「むくみ」を放っておくと、セルライトが発生し、それをケア
 しないでいると「冷え」や「むくみ」がさらに悪化するという悪循環を
 招いてしまうのです。

 ■ セルライトができると・・・

 セルライトが増えると、美容的な面で見た目が悪くなるだけでなく、
 「冷え」や「むくみ」といった症状から逃れられなくなってしまいます。
 また、やせにくい体を作り、代謝機能の低下から「肌荒れ」「肩こり」
 「のぼせ」「月経困難」
、さらにひどくなると、神経を圧迫して「痛み」
 「しびれ」を感じるまでになります。




ライン


 ■ セルライトの初期〜中期

脂肪細胞はネット状になっているコラーゲン線維に支えられています。その周りには毛細血管やリンパ管が存在し、健康な脂肪細胞には酸素や栄養素が十分に供給されています。

脂肪細胞が肥大化してくると、毛細血管やリンパ管が圧迫され、血管の壁から血漿(けっしょう)が漏れ出し始めます。漏れ出して溜まった血漿をエデマと言います。エデマは、脂肪細胞を取り囲んでいるコラーゲン線維の力を弱めてしまいます。このエデマが出現し始めた段階を、セルライトの初期段階と呼んでいます。初期段階を放っておくと、セルライトの中期段階へ移行し、脂肪細胞はコラーゲン線維の支えを失い、皮膚表面がデコボコ状態になり、肌の弾力やツヤも失われます。また、毛細血管の壁がさらに弱くなり、少しぶつけただけでも内出血しやすくなります。


 ■ セルライトの後期

セルライトの後期段階に至ると、血管やリンパ管が押しつぶされ、脂肪組織全体がダメージを受けます。

セルライトと化した脂肪細胞は血行が悪いため、栄養や酸素が不足し、老廃物も排出されませんので、「冷え」「むくみ」がさらにひどくなり、肌の表面も栄養が不足し、乾燥してカサカサになってきます。また、神経を圧迫して、「痛み」や「しびれ」を感じるまでに進行しますので、早めのセルライトケアが必要となります。


ライン



 ■ セルライトの予防と改善

セルライトを予防するには、「冷え」や「むくみ」の改善が重要なポイントになります。また、セルライトは脂肪細胞が老廃物と絡み合って発生しますので、太らない食生活を心掛け、血液やリンパ液の循環が促進されるように、適度な運動やマッサージをすることも効果的です。

むくみの解消には、リンパの流れをよくするマッサージや、不要な水分の排出を促すミネラルウォーターの飲用もおすすめです。むくみは、ナトリウムとカリウムのバランスが大きく関係していますので、塩分の摂りすぎに気をつけ、カリウムの豊富な海藻や果物を口にするよう心掛けましょう。また、血行を促進して、冷えを解消するために、体を温める作用のある食べ物を積極的に採ることも大切です。最近はシャワーだけで入浴をすませる人もいますが、体が冷えるもとです。半身浴でゆっくり体を温めれば、汗と一緒に体内の老廃物も排出され、新陳代謝もよくなります。

セルライトケアに有効な成分が配合された化粧品を使いつづけることで、セルライトによってダメージを受けた肌を早い段階で改善するとともに、セルライトの周辺環境を改善します。
表皮からじわじわと改善していくため「よくなったかな?」と実感しても、その後さらに数ヶ月間使いつづけることがポイントです。

セルライトの予防と改善には、このように自分のライフスタイルを見直し、セルライトケア化粧品やストッキング、靴下などを利用して「むくみ」を防止すること、マッサージや軽い運動、入浴などで「冷え」の改善を行うことが大切です。






アンネマリー・ボーリンド ボディエフェクト ボディ



ライン



■ お勧め!セルライトケア




アンネマリー・ボーリンド ボディーエフェクト シャワースクラブ(角質除去)

ボディエフェクト シャワースクラブ

まずは、余分な角質を取り除くことで、「CEジェル」の吸収をグ〜ンとアップさせましょう!

ボディは顔よりも角質が厚く、有効成分がなかなか作用しづらい状態です。肌の凸凹対策もこの角質ケアを手抜きしてしまうと、効果は半減・・・。
このスクラブには、脂肪燃焼を促すヒバマタエキスも配合されています。
週に2回程度の使用で、肌トーンもワンランクアップし、すべすべ肌へ。




アンネマリー・ボーリンド ボディエフェクト CEジェル(凹凸皮下脂肪対策)

ボディエフェクト CEジェル

セルライトをコントロールするには、使い続けることが重要!

「CEジェル」は使い始めたら、最初の1ヶ月は朝晩2回使用し、その後は1日1回の使用で、2ヶ月間は使い続けるのがポイント!気が向いた時だけ・・・というのはNG!
基本的になじませるだけでOKですが、部分に合わせてマッサージをすると、さらに効果アップがねらえます。




アンネマリー・ボーリンド ボディファーミングクリーム(ひきしめ/保湿)

ボディエフェクト ファーミングクリーム

サイズダウンをする時は、ひきしめながらがコツ!
スリムだけじゃなく、ひきしまったボディでなければ!


「サイズダウンはしたものの、前にはないタルミが・・・」という現象になりがち。サイズダウンを行う時は、同時にファーミングを行うことが実はとっても大切なポイントなのです!
タルミやすい二の腕、ひざ、ヒップライン、バストライン、下腹部など気になる箇所をキュッとひきしめれば露出もコワくない!



夏の終わり〜初秋のお手入れ



夏バテ肌をリセット!!



ライン


夏のダメージを引きずらないで、秋の美肌を手に入れるには、” 季節の変わり目 ”こそ、

自分の肌に合ったお手入れが大切です。

夏のダメージをそのままにしておくと肌老化を加速させ、乾燥の季節を迎えることになってしまいますので、

紫外線ダメージや乾燥などが絡まりあった深刻なトラブルを招いてしまうことも・・・。

そこで、今の自分の肌とじっくり向き合い、陥っているトラブルを明快にして、

どんなお手入れが必要なのかを知りましょう!


     夏の終わり〜初秋のお手入れ  


■ あなたの肌はどのタイプ?


Type ・1                            Type ・2

 □ 睡眠不足の日が多い                    □ いつの間にか日焼けしていた
 □ 最近、肌のハリがない気がする              □ 肌のくすみを感じる
 □ 室内と外の温度差で、肌に元気がない         □ 気がついたらシミ発見!

Type ・3                            Type ・4

 □ 冷房の効いた部屋で過ごすことが多い         □ 化粧水の浸透が悪い気がする
 □ 汗をかきやすい                        □ 肌のゴワつき、ザラつきが気になる
 □ ベタつくのに、肌の奥が乾いた感じがする        □ 夏はシャワーで済ませることが多い



■ あなたに必要なお手入れは?


Type ・1   夏バテお疲れ肌

顔全体に元気が足りない印象の ” お疲れ肌 ” には、肌本来の機能を正常な状態に整えることが大切です。肌の疲れを癒し、必要な栄養をしっかり補い、内側からふっくら潤ったハリのある肌へ。

   アッシュ・エル カーミングマスク   

アッシュ・エル カーミングマスク
 汚れを取り、ハリとうるおいを

                            

アッシュ・エル カーミングエッセンス        アッシュ・エル ボーテエッセンス
  肌を癒し、健やかな状態へ             プラス、エイジングケアもしたい方に 



Type ・2   紫外線によるシミ・くすみ肌

紫外線ダメージを放っておくと、しみ・そばかす・くすみ等の原因に・・・。単なる美白ではなく、肌に潤いを与えながら透明感のある肌を守るためには、この時季の集中ケアが大切です。

                     
アッシュ・エル トリートメントマスク              ピールクレンジング
 シミ・くすみのない透明美肌へ           くすみのないワントーン明るい肌へ

                    

アッシュ・エル トリートメントエッセンス         アッシュ・エル ボーテエッセンス
 シミ・くすみ肌をみずみずしい美肌に        プラス、エイジングケアもしたい方に

                     

    ホワイトフルイッド
  透明感のある明るい肌色へ

                         

システムブラン クレンジングミルク              システムブラン セラム
  透明感のあるクリアな肌に                すっとなじむリッチな化粧水

                     

   システムブラン クリーム                システムブラン アイケア
滑らかなベルベットのように輝く肌へ          明るくハリのある若々しい目元へ



Type ・3   うるおい不足肌

冷房ダメージによる肌の乾燥、大量の汗で必要な皮脂まで流れてしまった乾燥肌。放っておくと深刻な乾燥、肌老化へと進行してしまいます。肌に贅沢な潤いを与え、さらに上質な潤いで閉じ込めるお手入れを。

                    

 アッシュ・エル カーミングマスク
  肌を癒し、ハリとうるおいを

                                                       

 アッシュ・エル ボーテエッセンス           アッシュ・エル モイスチュアジェルRa
  肌を内側から整えて健やかに              保湿力の高いジェルクリーム

                      アンネマリー・ボーリンド シシリアンブーケエナジャイザー(美容液/オイルタイプ)

  アルガンドール アルガンオイル             シシリアンブーケ エナジャイザー
肌の奥から健やかな柔らかうる肌へ        ビタミンたっぷり!赤ちゃんのような、もち肌へ                                   





Type ・4   ゴワゴワ・ザラザラ肌

夏の強い紫外線で角質が肥厚すると、美容成分の浸透が悪くなります。また、お風呂につかることが少なくなると、肌の代謝が低下して、くすみ・ゴワつきを招きますので、肌表面の角質ケア、内側から代謝をアップさせるマッサージがおすすめ!!

                        

 アッシュ・エル DTツインセット              ピールクレンジング&LLクリームマスク
 肌環境を整えて、明るい肌へ                エステ品質の集中トリートメントケア

   

アッシュ・エル フェイシャルマッサージ
  血行・代謝促進で、肌老化を防ぐ

 



       


生姜の話

生姜

日本でもなじみの深い生姜は、1800年も前から使用されてきました。世界各国でも野菜、ハーブとして使用され、様々な研究が行われている注目の食材でもあります。

身体を温めよう!!

人間のカラダは36.5℃〜37℃の体温で最も働くように出来ています。ところが最近は36℃前半〜35℃台と言う人までいます。様々な病気は体温低下によってもたらされます。

ご自分の平均体温をご存知ですか?

最近、食事内容やクーラーなどの影響から、日本人の平均体温は下がっています。実は、体温が35.5℃の方に比べ、36.5℃の人は免疫力30%、基礎代謝は12%も上がるのです !! 0.1度変わるだけでも免疫力は1%、基礎代謝は1.2%違うことになります。

「温めてほしい」カラダのサイン

□ 目の下にクマ

□ 青アザが出やすい

□ 鼻の頭が赤い

□ 赤ら顔

□ 唇がムラサキっぽい

□ 歯茎の色素沈着

□ 痔出血

□ 生理不順、不正出血

カラダを冷やしている5つの原因

筋肉不足

夏型の生活を一年中することと、冷房の悪影響  一年中カラダを冷やしてしまっている。

ストレスで血行を悪くしている。

入浴方法が悪い  シャワーだけで済ます。温度が高い入浴。

食べ物、食べ方でカラダを冷やしてしまう。  

  食べ過ぎ、体を冷やす食べ物、塩分制限の悪影響、ペットボトル飲料などの水分過多、薬の飲み過ぎ

体温が下がるとどんな症状が現れるのか

36.5℃ ・・・ 健康体、免疫力旺盛

36.0℃ ・・・ 震える事に熱産出を増加させようとする。

35.5℃ ・・・ 恒常的に続くと        

        排泄機能の低下、自律神経失調症状が出現、アレルギー症状が出現

35.0℃ ・・・ がん細胞が最も増殖する温度

ショウガの効能、研究実績
                                                                                      
                    〜生姜の効能


 
・体を温め、血流を良くする

 ・発汗を促す
 ・代謝を良くし、脂肪や糖分の燃焼を促す
 ・生理痛・生理不順を緩和させる
 ・利尿・排便作用がある
 ・健胃作用・抗胃潰作用
 ・吐き気さまし(乗り物酔いやつわりなど)
 ・咳を抑える
 ・鎮静作用・安眠作用
 ・殺菌・抗菌作用
 ・酸化防止効果
 ・解熱作用
 ・ガスによる腹痛を緩和させる
 ・強壮・強精効果
 ・むくみを改善
 ・コレステロールを低下させる

    他にはない濃厚さ ココロとカラダに美味しいショウガ ヴィーダヴィ ジンジャーシロップ

     ▲ジンジャーシロップのご購入はこちら


             

紫外線について




紫外線を知り、

正しくケアをすることが
「健やかな美肌」への近道です。
ライン


紫外線を浴びると、シミやしわなどの肌老化、

ひどい場合は皮膚がんにつながる恐れもあります。

しかし、紫外線のことを知らないと紫外線対策はできませんよね。

そこで紫外線について、

日焼け止めについての正しい知識を身につけて、

「健やかな美肌」 をキープしましょう。



             







■ 紫外線について

春先から急激に上昇し始める紫外線量・・・
今はUVケアも通年しています。と言う方も多くなりましたが、紫外線についてなど、改めてお勉強しておきましょう!


紫外線には、UV-A波とUV-B波があります。

UV-A波・・・ 地表に届く全紫外線のうち紫外線の90%はこのA波です。 浸透力が高く、肌の土台である真皮を直接破壊するのが特徴。窓ガラスや曇り空でも突き抜けて入ってきます。
肌の真皮にまで届き、コラーゲンやエラスチンを壊し、シワやたるみの原因となります。これが 『 光老化 』 と呼ばれるものです。肌老化の原因70%〜80%がこのA波が原因といわれています。

UV-B波・・・ 主に肌の表面で吸収されるため真皮層にはほとんど達するこ とはありませんが、UV-Aよりも強いエネルギーを持ち、 皮膚がんや白内障を起こす可能性がある有害な紫外線です。窓ガラスを通しては入ってきませんが、シミやそばかす、肌を黒くしたり、炎症をおこし、ひどければ火傷のような状態に。





■ 日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶとき、よく目にするのが 「SPF」 や 「PA」 といった表示ではないでしょうか。

日焼け止めは数値が高いほど、肌への負担も高くなりますので、目的に合わせて賢く選び、上手に紫外線ケアをしていただければと思います。

SPF・・・ UV-B波をカットする目安です。
肌に何も塗らない場合、赤く日焼けし始めるのは約20分と されており、それを SPF1 としています。
例えば、SPF20の日焼け止めの場合
20分 × SPF20 = 400分 = 7時間弱 UV-B波から肌を守ります。

PA・・・ 光老化を引き起こす、UV-A波をカットする目安です。
三段階にわけて表示しています。
+ ⇒ 効果がある
++ ⇒ 効果がかなりある
+++ ⇒ 効果が非常にある
※2013年よりPA値の表示が4段階(++++)まで表記できるようになりました。
PAの「+」の数値が多ければ良いというわけではありませんので、シーンに合わせた日焼け止めを選ぶようにしましょう。
紫外線の強い季節でも、日常では「++」あれば十分でしょう。



                   


「紫外線吸収剤は使用していません」 といったコピーを見たことがある方も多いと思いますが、そもそも紫外線吸収剤って何でしょうか?

紫外線吸収剤・・・ 簡単に言うと、肌の表面で紫外線を吸収し、それを熱として変換し、処理しています。
熱として処理する際に、成分が分解され、肌に有害なものになる可能性があるため、肌への負担が大きいと考えられます。

代表的な紫外線吸収剤 ⇒ メトキシケイ皮酸オクチル、パラアミノ安息香酸誘導体

紫外線散乱剤・・・ 紫外線を反射して肌を守ります。
紫外線吸収剤に比べて、「安全性が高い」、「機能が衰えない」などの良い点があります。
br>代表的な紫外線散乱剤 ⇒ 酸化チタン、酸化亜鉛




■ さらに肌にやさしい日焼け止めを選ぶ

基本的な日焼け止め選びができたら、一歩進んでさらに肌にやさしい日焼け止めを選べるようお勉強しましょう !!

 ポイントは ・・・

  ★ SPF値とPA値
  ★ 紫外線吸収剤 or 紫外線散乱剤
  ★ 専用のクレンジングが必要か?


専用のクレンジング、意外と見落とされやすいポイントなのですが、これは重要です。専用のクレンジングが必要ということは、【シリコンを落とせるか否か】ということです。日焼け止めの多くにはシリコンが使用されています。

では、どのようにしてそれを見分ければいいのか?

それには、化粧品の全成分表示を見て下さい。代表的な成分で【PEG-○○】と表示されていたり、クロスポリマー、コポリマー、ジメチコン等と表示されています。

PEG-○○は、シリコンそのものではありませんが、シリコンを含む化粧品に使用される合成界面活性剤です。

化粧品の全成分表示は、配合成分の多い順から記載されていますので、表示の上位3位の内に、2つ以上シリコン系成分がある場合は、通常のクレンジングではシリコンが肌に残ったりします。

専用のクレンジングが必要 = シリコンを落とせる強めのクレンジングが必要

・・・ということは、肌に必要な、まだ剥がれ落ちるべきではない角質までも剥がされてしまう可能性が高いということに繋がります。


さらに、まだ剥がれ落ちるべきでない角質が剥がされてしまうと、肌からは潤いが奪われて、乾燥肌へと突き進んで行ってしまいます。


紫外線について




最後に、日焼け止めは汗をかいたり、拭いたりすると、紫外線を防止する成分がムラになり、日焼け止めとしての効果が減ってしまいます。


日焼け止めは、ムラなくたっぷり塗って、こまめに塗り直すのが効果的です。


賢く日焼け止めを選んで、上手に使いこなし、紫外線と楽しくお付き合いいただけたらと思います。(*^_^*)



                  


ライン



■ オススメ!日焼け止め




エシーレ UVベースミルク(日焼け止め乳液)

エシーレ UVベースミルク  SPF24 / PA+++  30ml 

紫外線吸収剤不使用、パラベン不使用、アルコール不使用、無香料、無着色でサラッとした使い心地のノンケミカル日焼け止め。

伸びが良く、白浮きしない透明感のある仕上がりで、紫外線だけでなく、乾燥や大気汚染などからも肌を守ります。化粧下地としてお使いいただくと、メイクの乗り、もちがアップします♪ ノンケミカル処方なので、お肌の弱い方にもお勧めです。




BIOLAB バイオラブ クレムアンティソレイユ

クレムアンティソレイユ  SPF36 / PA++  30ml 

紫外線防御効果はもちろん、エイジングケア、美白・抗シワ、化粧下地としても、シミや毛穴などを目立ちにくくするソフトフォーカス効果、そして、保湿力が高いので、日焼け止めは乾燥して・・・と、お悩みの方にも、本当におすすめっ!☆!☆

※植物アレルギーのある方はご使用頂けない場合がございます。そうでないお客様には最もおススメの商品です。





ページトップへ